トップページ  > コラム記事一覧 > 【10秒解説】避雷針の保護角とは

2021.04.30(金)

【10秒解説】避雷針の保護角とは

落雷対策として設置される避雷針(ひらいしん)には、「保護角」と言われる決まった角度があります。
この保護角とは、どのくらいの角度を表しており、なぜ決められているのでしょうか。
本記事では、避雷針の保護角の範囲や基準について解説していきます。



避雷針には適切な保護角がある


避雷針には、保護範囲が決まる角度が設定されています。
この保護角とは、雷から人や建物を守る基準として定められている規格です。
その角度は、建物によってもそれぞれ異なり、保護できる範囲の目安として制定されており、保護角が大きければ大きいほど広範囲を保護できます。
保護角は、建物の高さに比例して保護レベルが異なり、建物の高さと保護レベルを比較することで保護角度が決まります。


そもそも避雷針とは


避雷針は、建物へ落雷したことによる被害を防ぐために設置されている装備です。
建物の屋上に設置されていることがほとんどで、電流が流れる経路を作れます。
また避雷針は、人的被害を防ぐこともできるので、雷が起きた時には、まず避雷針の近くに行くようにしましょう
詳しい避雷針のしくみについては【10秒解説】避雷針の仕組み をご覧ください。

 

 

避雷針の保護角を理解して落雷対策をしよう


いかがでしたでしょうか。
本記事をお読みいただくことで、避雷針の保護角について多少ご理解いただけたと思います。

建物に設置されている避雷針は、建物の高さに対する角度が異なります。
人的被害や建物の被害を防ぐためにも、その原理を正しく理解して、落雷対策を行うようにしましょう。

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。
避雷針設置に関してはコチラからご覧ください

関連記事