トップページ  > コラム記事一覧 > 【10秒解説】避雷針の仕組み

2021.03.26(金)

【10秒解説】避雷針の仕組み

避雷針を設置しようと思っているけれども、そもそも何で避雷針があると落雷を防げるの? 

避雷針の仕組みについて解説します。 

 

 

避雷針の仕組み

避雷針は建物や人への直撃雷を避けるため、建物の頂部分に設置されます。

では、なぜ落雷を避けられるのでしょうか? 仕組みを説明します。

 

 

フランクリンロッド

従来型の細長い針状の避雷針(フランクリンロッド)は、は落雷の前に発生される先駆放電(ステップトリーダー)を利用しています 

ステップトリーダーを感知、避雷針からそれに呼応するお迎え放電(ストリーマ)を発生。

このストリーマを放出することで、ステップリーダーとの間に落雷の経路が生まれ、本来地表や建物などに落ちるはずだった雷を避雷針に集めることができます。 

 

 

避雷針の耐用年数は?

避雷針は一般的に10年以上の年数は使用できますが、毎年のメンテナンスや点検が必要です。
【10秒解説】避雷針の耐用年数 
こちらでは、耐用年数に関してもう少し詳しく紹介しています。

 

 

避雷針の仕組みについてのまとめ

避雷針の仕組みは、避雷針に雷を集めることで、建物や人への落雷を避けられます。 

従来から、このような仕組みで落雷対策が行われてきましたが、現在は避雷針にも落雷させずに安全に対策ができる製品も登場しております。 

それがdinntecoです。詳しいご説明が必要でしたら、どうぞお問い合わせください。 

 

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。

避雷針設置に関してはコチラからご覧ください

関連記事