トップページ  > コラム記事一覧 > 雷保護ゾーンとSPDとの関係

2021.07.21(水)

雷保護ゾーンとSPDとの関係

雷による被害は建物を貫通し室内にまで及び、電気機器を破損する恐れがあります。

被害を抑え安全に暮らすためには、日頃の雷対策が重要です。

 

雷対策をする際には様々な専門用語を目にしますが、中でも今回は「雷保護ゾーンとSPDとの関係」について説明します。

大事な要素であるため、これから雷対策の導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

 

概要

雷保護ゾーンとは、建物内外において雷を受けた時に発生する電磁界のレベルによって分けた領域のことです。

Lightning Protection Zone、略してLPZとも呼ばれ、雷のダメージが強い順にLPZ0A・LPZ0B・LPZ1・LPZ2・LPZ3のように分けられます。

それぞれの領域の定義は以下の通りです。

 

 

雷保護ゾーン

LPZ0A:避雷針の保護範囲外で直撃雷や全雷電流、全雷電磁界を受ける危険性が高い領域

LPZ0B:避雷針の保護範囲内で直撃雷は避けられるが、部分雷電流、全雷電磁界を受けやすい領域

LPZ1:避雷針の保護範囲内で建物の外壁により電磁界が減衰する領域

LPZ2:避雷針の保護範囲内でLPZ1よりさらに電磁界が減衰する領域

 

通常、LPZ1にキュービクル、LPZ2に分電盤、LPZ3以降に被保護機器が存在します。

 

SPDとの関係

SPDとはSurge Protective Deviceの略で、雷によって発生した瞬間的過電圧(サージ)から電気設備や機械を保護する機器を指します。

 

雷対策では、まず雷保護ゾーンを設定し、領域の境界ごとに必要なSPDを設置するでしょう。

例えば、LPZ0BとLPZ1の境界にはクラスIまたはカテゴリD Iの直撃雷用のSPDを設置することで、大きな雷電流を分流して、以降の領域での電磁界変化を抑えます。

 

また、SPDの補完的装置として耐雷トランスを設置するケースもあるでしょう。

 

 

雷保護ゾーンの設定は雷対策の基盤

いかがでしたでしょうか。

今回は雷対策における「雷保護ゾーン」の役割と、その他機器との関係性を解説しました。

雷対策を始める上では、雷保護ゾーンの設定が土台となります。

電気機器を雷から守るためにもぜひ、前もった雷対策の導入を考えてみてください。

 

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。

避雷針設置に関してはコチラからご覧ください。

関連記事