トップページ  > コラム記事一覧 > 【10秒解説】避雷針と避雷器の違い

2021.04.30(金)

【10秒解説】避雷針と避雷器の違い

雷害対策システムとしてよく知られているのは、避雷針と避雷器です。
これらは使われている文字がよく似ているため混同されることがありますが、実はまったくの別物なのです。
本記事では、避雷針と避雷器の違いについて紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

避雷針と避雷器の違いをご紹介


それでは早速、避雷針と避雷器の違いについて紹介していきます。


避雷針とは


避雷針とは、建造物を対象とした雷害対策システムで、20m以上の高さがある建造物に対して設置が義務付けられています
雷の電力は非常に大きく、建造物を直撃した場合では、建造物だけでなく、人体に悪影響が及ぶリスクが高まります。
そして、そのリスクをなくす目的で設置されているのが避雷針なのです。
なお、落雷は電線や家電に悪影響を及ぼすことがありますが、その悪影響は避雷針だけでは完全に防御できません。

避雷針については【10秒解説】避雷針の仕組みで更に詳しく解説しています。
ぜひご覧ください。

 

 

避雷器とは


避雷針が建造物を守る働きがあるのに対し、避雷器は電気施設や機器を雷から守る目的で使用される雷害対策システムです。
なお、避雷器には雷によって受ける電圧を分散させる働きがあり、雷が直撃されそうな場所や雷の電圧の影響を受ける可能性がある電子機器などに設置されます。


それぞれで異なる役割を担っている


いかがでしたでしょうか。
本記事をお読みいただくことで、避雷針と避雷器の違いを多少ご理解いただけたと思います。
それによって、避雷針は雷から建造物を守る働き、避雷器には雷から電子機器などを守る働きがあることがわかりましたね。
このように、避雷針と避雷器はまったくの別物ですので、混同しないように注意しましょう。

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。
避雷針設置に関してはコチラからご覧ください

関連記事