トップページ  > コラム記事一覧 > 誘導雷の侵入経路と対策を直撃雷も含めて解説

2021.06.24(木)

誘導雷の侵入経路と対策を直撃雷も含めて解説

近年、ニュースなどでもよく耳にする落雷の被害。
しかし、実際に「雷に打たれた!」という人はほとんどいません。
実は直接雷に打たれなくても、近くで落雷があった時に発生する「誘導雷」の影響で大きなトラブルに見舞われる可能性があるのです。
今回はその「誘導雷」がどのようなものなのか、分かりやすく説明します。

 

そもそも「誘導雷」とはどんなもの?


よく耳にする「雷が落ちた」という状態を「直撃雷」と呼びますが、その被害は落雷場所だけに留まりません。
その落雷の影響で付近の電線や通信線に大きな電流が生じ、末端にある電子機器などにトラブルを引き起こすことを「誘導雷」といいます。

 


雷が自宅に侵入する?


雷はさまざまな経路を伝って自宅やオフィスの中に侵入し、家電や電子機器に影響を及ぼします。

 


電源


最も影響を受けやすいのが、コンセントなどの電源に直接接続されている家電です。
テレビや給湯器、エアコンなどは電源が切れるだけでなく故障する可能性が高いため注意が必要です。

 


回線


影響を受けるとダメージが大きいのが、電話回線やインターネット回線です。
パソコンやWi-Fiアクセスポイントなどを同時に接続しているケースが多く、被害は回線に留まらず機器の故障やデータの消失にまで及びます。

この他にもアンテナやアース線に誘導雷が発生し、トラブルを引き起こすケースもあります。

 


誘導雷対策


現時点では、誘導雷の影響を100%防ぐ方法はありません。
しかし雷が近くに落ちた場合、コンセントやLANケーブルを抜く、ブレーカーを落とすなどの対策である程度は被害を避けることができます。
火災保険によっては雷被害までカバーしてくれるものもあるので、加入や切り替えを検討してみるのもおすすめです。

 

直撃雷対策

 

直撃雷の対策で一番有名で効果的な方法として避雷針が挙げられます。
避雷針は建物の頂部分に設置されていて、お迎え放電することで意図的に雷を安全な位置に落ちるような構造になっています。
通常10年以上の年数使用できますが、毎年のメンテンナンスや点検が必要になるので放置していてはいけません。


「誘導雷・直撃雷」を知って対策することで被害を最小限にできる


いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただくことで、あまり聞き慣れない「誘導雷」についてご理解いただけたと思います。
近くに雷が落ちた時は、できる範囲で家電や電子機器のコンセントを抜いておくと安心です。

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。

避雷針設置に関してはコチラからご覧ください。

関連記事