トップページ  > コラム記事一覧 > 【10秒解説】雷サージの種類

2021.03.26(金)

【10秒解説】雷サージの種類

“雷サージ”という言葉を聞いたことはありますか?

雷サージとはいったい何を指す言葉なのか。

「聞きたいけれども、誰に教えてもらえば良いか分からない!」という人は是非参考にしてください。

 

 

雷サージについて種類ごとに解説

雷サージとは、落雷によって瞬間的に高い電圧(異常高電圧)が発生し、その影響により過大な電流が流れることをいいます。

雷サージには“直撃雷サージ”と“誘導雷サージ”の2種類がありますので、それぞれ解説します。

 

 

1.直撃雷サージ

直撃雷サージとは、雷が電線や電柱、建物の避雷針、TVのアンテナなどに直接落ちたとき、雷の電流が電源線や通信線を通じて、建物内に入り込むことを指します。

このときの放流電流は数十~数百キロアンペアと膨大で、数百マイクロ秒という短時間で、建物や設備に危害を与えることがあります。

 

 

2.誘導雷サージ

周辺の建物や木への落雷により、空間の電磁界や地上の電荷量が変わり、その電流が近くにある電源線、通信線を伝い、建物や設備などに影響を与える現象です。 

誘導雷サージは、雷が落ちなくても、発生することがあります。

 

雷サージの対策について

雷サージは事前に対策することによって防ぐこともできます。

詳しくはこちらの記事からご覧ください。

【10秒解説】雷サージの効果的な対策

 

 

雷サージは雷による影響・現象を指す

雷サージは、落雷によって発生した大きな電流が建物内に入り込む現象を指します。 

これによって、建物内の設備・機器が破損したり、大きな影響を及ぼします。 

弊社では、直撃雷の対策も、誘導雷の対策もご提案しておりますので、いつでもご相談ください。 

 

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。

避雷針設置に関してはコチラからご覧ください

関連記事