トップページ  > コラム記事一覧 > 雷が落ちやすい条件や環境とは

2021.07.21(水)

雷が落ちやすい条件や環境とは

ゴルフ場や畑での被害のほか、音楽イベントの会場など、落雷による痛ましい事故は毎年のように報道されています。雷は高いビルやマンションの避雷針などに落ちるイメージがありますが、落雷しやすい状況はそれだけではありません。本記事では、雷が落ちやすい危険な状況や特徴について解説しています。雷による危険を回避するため、正しい知識を深めたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

雷は高いところに落ちやすい

雷は基本的に、高い建物や尖っているものに落ちやすいという性質があります。例えば、高層ビルやマンション、あるいは鉄塔や木といったものです。その性質を利用しているのが避雷針で、大きな針のような構造物に雷をあえて導くことにより、建物への落雷被害を防ぎ、安全に地面に雷が落ちる仕組みになっています。

 

雷は電気を通しやすいところを選ぶ傾向に

雷、つまり電気のもう一つの性質として、電気が通りやすいものを選んで流れる特徴を持ちます。そのため、電気を通しやすいとされる建物や木に雷が落ちやすいのですが、私たち人間もまた、電気を通しやすい性質を持っています。

 

 

人に雷が落ちるおそれのある場所

前述のように、高い建物や避雷針がある場合、人が直接雷に打たれる可能性は低いと考えられます。しかし、周辺に高い構造物などがない場面においては、人に雷が落ちやすい状況にあると言えるでしょう。

 

周囲に建物がない場面の具体例

  • ・学校のグラウンド
  • ・構造物や樹木がなくひらけたゴルフ場
  • ・周囲に樹木がない畑
  • ・海の上や屋外プール
  • ・河川敷や堤防

上記のような場所では、そこに立っている「人」そのものが一番背の高い存在になり、結果として雷の直撃を受けやすくなってしまいます。実際に過去には、部活動をしていた生徒や、農作業をしていた人、釣りやゴルフを楽しんでいた人などが雷に打たれ、死亡するケースもありました。このように落雷の危険がある時には、傘や釣り竿、ゴルフクラブといった細長く尖ったものは高く掲げず、速やかに避難することが大切です。

 

 

雷は場所を選ばず落ちてくるもの

いかがでしたでしょうか。今回は、雷が落ちやすい状況を、具体例を交えながら紹介しました。雷が落ちやすい場所には幾つかの共通項がありますが、屋外であればどこであっても落雷を受ける可能性があります。本記事がいざという時、大切な命を守るための参考になれば幸いです。

 

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。

避雷針設置に関してはコチラからご覧ください

関連記事