トップページ  > コラム記事一覧 > 雷が発生する仕組み

2021.06.24(木)

雷が発生する仕組み

大雨と中、突然雷鳴が響き渡ると驚いて不安に感じますよね。
しかし一方で「雷ってどうやってできているの?」と興味を持っている方もいるはず。
今回はそんな疑問にお答えすべく、雷が発生する仕組みについてまとめました。
雷について知りたい方もそうでない方も、ぜひ一度読んでみてくださいね。

 

 

「雷の素」とは?


料理に材料があるように、雷にも素となるものがあります。
そもそも雷は雲の中で発生しますが、当然どの雲でも雷ができるわけではありません。
雲の中に雷の素となる「静電気」が大量に発生した場合のみ、雷が発生するのです。

 

 

雷が発生する仕組み


では、なぜ雲の中に「静電気」が発生するのでしょうか。
より詳しい仕組みを順番に見ていきましょう。

 

 

湿った空気が上昇する


雲は、湿った空気が地表で暖められて上昇することで発生します。
空気が上昇するうちに小さな水滴となり、それらが固まって雲になるのです。

 

 

氷の粒


水滴は雲として大きな塊となりどんどん上昇していきますが、上昇すればするほど気温が下がり、水滴は少しずつ氷の粒へと変化していきます。
氷の粒はさらに上昇を続けるうちに大きくなり、今度はその重さに耐えられなくなり落下し始めます。

 


粒子の電荷がたまる


上昇する小さな氷の粒はプラス電荷、落下する大きな氷の粒はマイナス電荷を帯びており、雲の中では上側にプラス電荷、下側にはマイナス電荷の層ができてきます。
この状態が続くと雷を引き起こす「雷雲」となるのです。

 

 

「雷」として放電


雷雲となった雲の中では、氷の粒がぶつかり合うことで非常に強い静電気が発生しています。
その力が強くなり、いよいよ雲の中に溜めておけなくなって発生するのが雷です。
プラス電荷とマイナス電荷は引き合う性質がありますが、暗雲が低く立ち込めるような空模様の日は、上層のプラス電荷よりも地表に溜まったプラス電荷の方が近くなる場合があります。
そこで地表に向かって電気が放たれるのが「落雷」となります。

 

 

雷は予測できる?


あまり知られていませんが、全国の30ヶ所に雷レーダーが設置されています。
雲から発せられる電波を拾い、雷が発生しそうな位置や時間、大きさなどを予測するのです。
雷予報は気象庁や電力会社のHPで確認することができるので、もしもの時は活用しましょう。

 


いくつもの条件が重なって雷が発生する


いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただくことで、雷の仕組みについてご理解いただけたと思います。
雲の中で静電気が発生し、大きくなりすぎた電気が放出されるのが「雷」。
その仕組みを知っておけば、いつもは嫌だった雷もまた違った見方ができるかもしれませんね。

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。
避雷針設置に関してはコチラからご覧ください。

関連記事