トップページ  > コラム記事一覧 > 落雷による停電時が起きた時の3つの対処法

2021.07.21(水)

落雷による停電時が起きた時の3つの対処法

「落雷による停電が起きたらどのように対処したらよいのだろう?」

突然訪れる災害に対して、不安を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

落雷は雨風と共に発生することも多く、大きな雷の音には恐怖を感じることもあります。

 

以下では、落雷によって停電が起った場合に慌てずに対処するための方法をまとめました。

落雷による停電が起きた場合の対処法を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

落雷による停電が起きた際の対処法とは

雷が落ちる際には大きな電流が発生し、その影響で家屋内が停電してしまうことがあります。

もし落雷によって停電が起きてしまったら以下の3つの対処法を実行してください。

 

身の安全を確保する

雷には 非常に大きな電流が流れていて、たいへん危険です。

雷が連続して発生することもあるので、電気を復旧させることよりもまずは身の安全を確保しましょう。

 

木造家屋の内部であれば、電化製品に触れないようにして、壁からも1m以上離れて待機しましょう。

鉄筋の建築物と自動車も雷の影響を受けにくいので、自家用車などが近くにある場合は車で待機するのもよいでしょう。

 

明かりを確保する

停電の原因によっては、どのくらいの時間で復旧するかの目処が立たないことがあります。

停電が長時間に及ぶ可能性もあるので、日中の場合でも日没に備えて、電池式の懐中電灯等の明かりを確保しておきましょう。

 

ブレーカーを確認する

落雷による停電で家屋内のブレーカーが落ちている場合は、安全を確保したうえでブレーカーの確認をしましょう。

落雷の間接的な影響で誤作動により、ブレーカーが落ちて停電していることもあるので、ブレーカーを上げるだけで復旧することもあるでしょう。

 

 

電気プラグのチェックをするときは慎重に

落雷の影響を受けやすい電子機器は、プラグにつながった状態で雷サージの影響を受けると壊れてしまう可能性があります。

そのため落雷の可能性があるときは、事前にすべての電子機器や電化製品のコードをプラグから抜いておくことをおすすめします。

ただし、落雷が起きている最中にプラグに触れると感電の危険があるので、十分注意しましょう。

雷サージを防御してくれる電源タップや各種製品も発売されているので、普段から雷対策を考えておくことも重要なポイントです。

 

 

落雷による停電時は落ち着いた行動を

いかがでしたでしょうか?この記事を読んでいただくことで落雷による停電時の対処方法がご理解いただけたと思います。

雷は大きな力をもっているので、間違った行動は感電などの危険性があります。

何よりもまずは身の安全を確保することを優先してください。

どんな行動をする際も慌てず慎重に行いましょう。

 

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。

避雷針設置に関してはコチラからご覧ください

関連記事