トップページ  > コラム記事一覧 > 【10秒解説】雷サージの被害

2021.03.26(金)

【10秒解説】雷サージの被害

コンピューター、電話、放送設備など雷サージによって被害を受ける機器はたくさんあります。

では、雷サージによって、私たちはどのような被害を受けるのでしょうか?

ここでは、雷サージの被害について解説します。

 

 

雷サージにより発生するかもしれない被害

雷サージによって起きる可能性のある被害を紹介します。

 

 

1.パソコンなど電子機器の損傷

雷サージにより家のなかに過大な電流が入り込むことで、パソコンや通信機器などが壊れてしまうことがあります。

小さな電圧で動く製品などは影響を受けることが多く、特に自動火災報知機、電話、中央監視施設などが損傷しやすいです。

 

 

2.火災

大規模になると、火災が発生することもあります。

特に雷の直撃を受ける、直撃雷サージのほうが火災の原因になりやすいです。

 

 

雷サージにも種類がある

雷サージは直撃雷サージと誘導雷サージの2種類あります。

もう少し詳しい解説をこちらの記事でご覧いただくことができます。

【10秒解説】雷サージの種類

 

 

雷サージには対策が必要

雷サージはSPDや耐雷トランス等の設置で対策することができます。

コチラも詳しくは別記事でご覧いただけます。

【10秒解説】雷サージの効果的な対策

 

 

雷サージによる被害に気をつけよう!

雷サージは電化製品などの故障や火災を引き起こす原因になり得ます。

危険ですので、雷が近付いてきたときに被害に遭わないよう対策しておきましょう。

雷サージはSPDで対策がある程度可能です。

建物への直撃雷をまずは防いで、誘導雷の侵入はSPDで防ぐという対策をしましょう。

 

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。

避雷針設置に関してはコチラからご覧ください

関連記事