トップページ  > コラム記事一覧 > 雷の被害からパソコンを守る対策

2021.07.21(水)

雷の被害からパソコンを守る対策

パソコンをはじめとした電子機器は、雷が落ちると故障してしまうと聞いたことがあるかもしれません。予測が難しい大気現象だからこそ、対策をしっかりと取っておきたいところです。そこで、今回は落雷によるパソコンの故障・損傷を防ぐためにすべきことをまとめました。大切なパソコンやデータを雷の被害から守りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

雷によるパソコンの故障を防ぐ対策

雷からパソコンを守るには、大きく二つの対策があります。まず一つは、雷が鳴り始め、落雷のおそれがある時に行うべきことです。二つ目は、落雷があった場合に備えて、事前に対策をしておくことです。

 

コンセントに繋がるケーブルを外す

雷が近づいてきたら、まずはパソコンに繋がるケーブルを全てコンセントから外してください。たとえ近隣への落雷がなくても、「雷サージ」でパソコンに不具合が起こるおそれがあります。雷サージとは、落雷によって発生する瞬間的な高電圧や過電流のことで、パソコンに不可逆的なダメージをもたらすおそれのある現象です。雷サージは電源線や通信線などを伝って建物の中に入ってきますので、電源ケーブルやモジュラーケーブル、LANケーブルなどを外しておくことが対策になります。

 

パソコンの電源を切る

落雷のおそれがある場合は、パソコンの電源を切ることが望ましいです。直接的な雷サージの侵入だけでなく、停電によるハードディスクの損傷やデータ損失の可能性があります。正しくシャットダウンされなかった場合、直前まで操作していた情報が保存されないことがありますので、きちんと保存を行い、なるべく早く電源をオフにしましょう。

 

雷被害を防ぐ電源タップを使う

あらかじめ準備しておける雷対策として、ケーブルを繋ぐ電源タップを「雷サージ対応型」に変えるという方法があります。この電源タップには、雷サージを吸収する機能が備わっており、雷サージがパソコンに伝わらないよう阻止してくれるものです。千円台から数千円程度で購入できますので、家を空けることが多い方や、雷の間でもパソコンを使いたいという方には特におすすめです。

 

定期的にバックアップを取る

定期的にパソコン内にあるデータのバックアップを取っておくことも、雷対策の一つです。万が一、雷によってパソコンが故障してしまった場合でも、バックアップデータを使って復元できます。週に一回、月に一回などとタイミングを決めて、外付けハードディスクやUSBメモリなどにデータを保存しておくと良いでしょう。

 

 

雷被害への対策は万全に

いかがでしたでしょうか。

今回は、パソコンが雷被害を受けないための対策をご紹介しました。まさに雷が鳴っている時にすべきことだけでなく、日頃から備えられることもあるということをご理解いただけたでしょうか。雷による損害を防ぐために、ぜひ実践してみてください。

 

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。

避雷針設置に関してはコチラからご覧ください。

 

関連記事