トップページ  > コラム記事一覧 > 雷や落雷が発生する前兆

2021.07.21(水)

雷や落雷が発生する前兆

 

異常気象の増加に伴い、年々雷の被害も増えています。

その数は年間1,000件を超えると言われ、誰にでも起こる可能性があります。

そんな雷の被害を防ぐために有効な手段の1つが、雷の前兆を知ることでしょう。

本記事では、雷が発生する前にはどんな現象が見られるのかについてご紹介します。

 

 

そもそも雷が発生する前兆はあるのか

雷の前兆をはっきりと知らなくても「なんだか雷になりそう」と感じたことがある人は多いと思います。

それは間違いではなく、雷が発生する前には黒い雲や急な雨など、必ずいくつかの前兆があることが分かっています。

 

 

雷の前兆とは

では、雷の前兆にはどのようなものがあるのでしょうか。

1つずつ具体的に見ていきましょう。

 

雷鳴が聞こえる

雨は降っていないのに雷鳴だけが聞こえる場合がありますが、これは10km以内の場所ですでに雷が発生しているしるしです。

雲の動きにもよりますが、雷が近付いてくる可能性が高いので、できれば建物の中に避難しましょう。

 

黒い雲に覆われる

突然空が真っ黒になったと思ったらものすごい雨が降り出した、という経験は誰しもあるでしょう。

原因は積乱雲という大きな雲で、一般的には「入道雲」とも呼ばれています。

太陽の光を遮ってしまうほど分厚い積乱雲の下は雨や風で大荒れとなっており、同時に雷も発生しやすくなります。

 

冷たい風が吹く

空が暗くなると同時に、突然ヒヤッと冷たい風が吹くことがあります。

これも積乱雲の影響で、すぐにでも激しい雷雨になる可能性があるので注意しましょう。

 

急な豪雨

それまで晴れていたのに急に暗くなって大雨が降り出した時は、頭上に積乱雲が発生している場合がほとんどです。

積乱雲の中では大量の静電気が発生しており、いつ雷や落雷が起きてもおかしくない状況です。

一方、雨が降っていても空が明るい場合は、雷が発生する可能性はないので安心しましょう。

 

 

一つでも前兆があれば早めに避難しよう

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んでいただくことで、雷の前兆についてご理解いただけたと思います。

雷を100%予測することはできませんが、前兆を知っておけば万が一の場合に備えることができます。

暗い雲や冷たい風を感じた時には、できるだけ早く避難しましょう。

 

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。

避雷針設置に関してはコチラからご覧ください

関連記事