トップページ  > コラム記事一覧 > 雷の影響でブレーカーが落ちる原因とは?

2021.07.21(水)

雷の影響でブレーカーが落ちる原因とは?

雷が発生すると「ブレーカーが落ちるかもしれない」と不安になることがありますが、その因果関係について、実は詳しくは分からないという方も多いでしょう。

 

ひとことでブレーカーが落ちると言っても、その原因にはいくつかの種類があります。

雷とブレーカーの関係性、ブレーカーの種類について知っておけば、落雷による停電の際にも落ちついた行動ができるでしょう。

耐雷対策について興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

雷によってブレーカーが落ちる原因は3種類

雷が原因となってブレーカーが落ちるときには大きく分けて3種類の原因が考えられます。

以下では雷との関係性と合わせて解説します。

 

電子機器の漏電が原因でブレーカーが落ちる

漏電ブレーカーは名前のとおり、漏電を制御するためのブレーカーです。

落雷時の強い電流が室内の電子機器へ侵入してコンセントがショートした場合などに漏電を察知してブレーカーが落ちます。

また、雷の発生時は雨が降っている場合も多く、雨水が屋外の電気配線へ侵入した際も漏電が発生しブレーカーが落ちることもあります。

 

誤作動でブレーカーが落ちる

漏電ブレーカーは電気によるノイズに弱いため、雷によって起きた電気ノイズを察知して漏電が起きていなくても、誤作動を起こしシャットダウンしてしまう場合があります。

誤作動であれば、ブレーカーを上げればすぐに元通りに電気が通るでしょう。

 

雷サージの影響を受けてブレーカーが落ちる

雷による電圧・電流の発生を雷サージと呼びますが、この雷サージの強い電流が配線を通して屋内に侵入した場合に、漏電ブレーカーが「過電流」を察知してブレーカーが落ちます。

 

いずれの場合も雷の強い力によって影響を与えられるのですが、少しずつ違う原因であることがわかります。

 

 

ブレーカーには3つの種類がある

ブレーカーには実は3つの種類があり、それぞれ違う役割を担っています。

それぞれの特徴は以下です。

 

漏電ブレーカー

  • ・家屋内の漏電を察知する
  • ・電圧の異常を察知する

 

アンペアブレーカー

  • ・契約に基づいて使用できる電力量を制限する
  •  

安全ブレーカー

  • ・回路ごとの使用量に応じて一定の使用量を超えると電気を遮断する

 

主に落雷による停電の場合は漏電ブレーカーに影響し、電化製品の使い過ぎによる電力オーバーの場合には安全ブレーカーが作動しシャットダウンします。

ブレーカーに種類があることを知っておくと復旧に向けた対応が判断しやすくなるでしょう。

 

 

漏電ブレーカーが機能して被害を防ぐ

いかがでしたでしょうか?こ

の記事を読んでいただくことで雷によってブレーカーが落ちる原因をご理解いただけたと思います。

雷の影響を受ける漏電ブレーカーは、室内の漏電や過電流を知らせてくれる大切な役割を担っているのです。

 

本記事を参考にブレーカーの機能をご理解いただき、落雷による停電発生時にも落ち着いた行動ができるよう心掛けてください。

dinntecoJAPAN(ディンテコジャパン)では避雷針を扱っています。

避雷針設置に関してはコチラからご覧ください

関連記事