雷を「発生させない」「落とさない」新しい落雷対策

雷を「落とさない」テクノロジーで、
内部雷から電子機器・データを守ります。

一般的な避雷針(フランクリンロッド)は、雷を「誘引して安全に落とす」ことによって、人や建物への直撃を防ぐ仕組みです。

しかし、雷を一旦落とすことによって、雷の建物への直撃は免れても、電気線や電話線を通じて内部の電子機器・電子製品等が被雷してしまう「内部雷」が発生します。

現代のIT社会においては、この「内部雷」が電子データの逸失や製造ライン停止など、非常に大きな被害を引き起こしています。

DINNTECOは、雷を「落とさない(近寄せない)」消イオン容量型避雷針です。直撃雷・内部雷から電子資産を守る落雷対策をワンストップでご提供します。

ニュースリリース

すべての情報を表示しています。

  • 2018.07.03 (火)

    [福岡] DINNTECO 認定講習会

    7/2(月)福岡にてDINNTECO 認定講習会を開催いたしました。 「座学」と「実物・事例を見て理解する」を交えながらの認定施工業者講習後、テストを受けていただき、無事に認定という結果になりました。

    トピックスDINNTECOからのお知らせ

  • 2018.06.26 (火)

    [大阪] DINNTECO 認定講習会

    6/21(木)大阪にてDINNTECO 認定講習会を開催いたしました。

    トピックスDINNTECOからのお知らせ

  • 2018.06.22 (金)

    [北海道] DINNTECO 認定講習会

    6/18(月)・19(火)北海道にてDINNTECO 認定講習会を開催いたしました。

    トピックスDINNTECOからのお知らせ

  • 2018.01.16 (火)

    グラウンドの落雷対策

    建築基準法で規定されている避雷設備の設置基準は、『高さ20mを超える部分を保護する』とされています。 そのため、例えばスタジアム・グラウンドなど屋外競技場においては、20mを超える照明塔を保護するように避雷針を設置す...

    雷・避雷針について落雷被害情報

従来型の「落とす」タイプの避雷針

  • 避雷針で雷を誘導して落とすことで、人や建物に雷が直撃するのを防ぐ
  • 雷を一旦は落とすため、建物内部に巨大な電流が発生し、停電や電子データ破損等が起こる
  • 落とした雷が地面を通じて周辺にいる人・建物を感電させることがある

dinntecoの「落とさない」避雷針

  • 落雷の発生自体を回避するため、雷を落とさない
  • 雷を落とさないため、
    直撃雷による 建物内部の「内部雷被害」が発生しない
  • 周囲への「誘導雷」被害を抑えることができる

“落とさない避雷針”DINNTECOについて

仕様・性能

  • 99%

    99.9%の有効性

    99.9%の高い確率で落雷の発生を抑制します。

  • 24時間365日稼働で20年耐久

    20年の使用に耐える耐久性とメーカー5年保証。

  • 半径100mの広い保護範囲

    半径100mの範囲で落雷の発生を抑制します。

  • guarantee

    製品にはメーカー保証が附帯

    定期メンテナンスにより最長5年間の保証が附帯。

技術仕様について

落雷被害の実態

ゲリラ豪雨や異常気象により、日本の落雷事故の件数や被害額は増加しています。
電子機器に囲まれた現代の社会では、落雷のリスクは高くなる一方です。
地震や火災と同様に、リスクをきちんと理解して対策をとることが求められています。

1

物理的な損害

雷が直撃することによる、人やモノへの被害です。

建物・家屋・建造物の損壊
死亡事故・怪我
火災被害

人やモノが被る、直接的・物理的なダメージです。
金銭的な損失は火災保険でカバーできる場合もありますが、
人命や歴史的建造物など、不可逆的な被害が及ぶこともあります。

2

経済的な損害

データや生産性が損なわれることによる金銭・時間的な損失です。

電子データの損失
製造ラインの一時停止
オフィス・店舗営業の一時停止

大事なデータが消えたり、電話・PCなどの機器、配電盤・製造ラインの制御システム等が機能しなくなることによる金銭的・時間的な損失です。火災保険では多くの場合、補填が不可能です。

導入事例

オフィスビル・住居から
国際的な運河・軍施設など、高度な避雷が必要な施設まで
世界中で採用されています。

もっと詳しく

一般的なビルから、国際的な運河・軍施設など高度な避雷が必要な施設まで。
DINNTECOは世界中で採用されています。

DINNTECO-100plusは、居住用ビル、商業用ビルから病院、イベント会場、公共施設、大規模建造物、またNATOの軍事施設等、幅広く高度な避雷が必要な設備で採用されています。 › 推奨・認定

ご導入の流れ

設計からメンテナンスまでワンストップサービス


保護が必要な人命・建造物・データ資産を、適切な範囲・適切なレベルで保護できるよう、確実性の高い設計を心がけています。3Dモデル、GoogleEarth上での保護範囲シミュレーションなど、お客様からみたわかりやすさも大切にしています。ビル1棟から、大規模商業施設・架橋・病院・船舶等の設計まで、幅広く対応可能です。

雷害から資産をトータルに守る設計

DINNTECO-100plusの広い保護範囲と高い落雷抑制能力を充分に活かしていただけるよう、設置位置、設置数等プランニング致します。ビル1棟から大規模建造物まで、豊富な設計実績がございます。さらに詳しく

確実なメンテナンス

設置後、正しくメーカー保証をお受けいただけるよう、認定施工業者による年1回のメンテナンスを行います。DINNTECO独自の厳密なチェック項目に従ったメンテナンスを実施しております。さらに詳しく